Glow in the Dark Steregon


gfs-steregon, originally uploaded by datadub.

Sometimes simple is best – a nice hulk of pure GID japanese vinyl – the Steregon Global Figure Symposium limited edition cometh. Comes with a club to keep the beat. Available from Thursday morning at the GFS2010 Crossover Exchange (Booth # 4937)

GFS 2010 – the CROSSOVER –

An evil robot genius in a universe next door has deployed an unspeakable device that is renting the very fabric of space and time. Strange attractors are ripping though the multiverses grabbing Heros and Villians alike; mixing, distorting and melding them into mind-boggling configurations. They will step through into our universe very soon. 

Its going to be wild.

GFS 2010 – the CROSSOVER –, originally uploaded by datadub.

ベイダープロジェクトのヘルメットがオークションに登場

現代において最も有名なアンダーグランド・アーティストによって再現されたダース・ベイダーのヘルメット100点が、2010年6月12日~20日まで、Freeman’s Los Angeles Auction Preview (6812 Melrose Ave, Los Angeles, California, U.S.A.)において公開されます。その後、これらの作品は2010年7月10日にフィラデルフィアのFreemans’ Auctioneersにおいてオークションにかけられます。

ベイダープロジェクトはDKE ToysのDov KelemerとSarah Jo Marksによって立案されたもので、そのコンセプトはとてもシンプルです。現在活躍する100人の傑出したアンダーグランド・アーティストやデザイナーがそれぞれの感性を活かして、実物大のダース・ベイダーのヘルメットを作り上げるというものです。KelemerとMarksは次のようにコメントしています。「2005年に浮かんだ素朴なアイデアが2009年には記録的な展示へと成長し、このプロジェクトから生れた作品がいよいよ世界へと飛び出す時が来ました。この優れた芸術作品を初めて一般にも広く入手いただけるようご協力いただいたFreeman’sに感謝しています」。

このプロジェクトに参加いただいた著名なアーティストは次の方々です:Shag、Peter Kuper、Jermaine Rogers、Gary Baseman、BXH、Tim Biskup、The Pizz、Dalek、Paul、Frank、Ron English、Jeff Soto、Michelle Valigura、Frank Kozik、Plasticgod、Simone Legno – Tokidoki、Bill McMullen、Secret Base – Hiddy、Joe Ledbetter、Alex Pardee、Suckadelic、Real x Head /森かつら、 Cameron Tiede、Mister Cartoon、Marc Ecko、Amanda Visell。作品のヘルメットはそれぞれ$3000(米ドル)~$15,000(米ドル)で販売される予定です。

Freemansのポップカルチャースペシャリスト、Simeon Lipmanは次のように語ります。「驚異的な成果が生み出されました。今回のオークションは、映画界において象徴的存在であるダース・ベイダーのヘルメットをモチーフに、Shag、Marc Ecko、Tim Biskup、Frank Kozikなど多くの有名なアーティストが手掛けた世界でも希有な芸術作品を、一般の方にも入手いただける絶好のチャンスです」。

2007年の発足以来、ベイダープロジェクトの作品は世界各地で行われたさまざまなスター・ウォーズ・コンベンションや博物館などで展示が行われました。ベイダープロジェクトが初めて公開されたのは2007年5月、ロサンゼルスで行われたスター・ウォーズTMセレブレーション IVです。以来、世界各地をツアーし、2007年7月にはヨーロッパ、2008年7月には日本でお披露目がされました。最近では2009年2月13日~5月3日までペンシルバニア州ピッツバーグのアンディー・ウォーホル美術館でエキシビジョンが行われました。

今回のオークションはLucasfilmのスポンサーおよび承認を受けておらず、Lucasfilmとは一切関係はございません。スター・ウォーズTM およびこれに関連する知的所有権は© 著作権登録、または ® 登録商標がされ、2010 Lucasfilm Ltd. & TMが所有権を保持しています。無断複写・転載を禁じます。

Vader Project公式サイト

http://www.thevaderproject.com/

日本からの参加アーティスト一覧

Bounty Hunter / HIKARU

Busworks / Chino

Dehara

DEVILROBOTS

Yoko d’Holbachie

Gargamel

Itokin Park

Real x Head / 森かつら

Mad Barbarians

Mori Chack

Secret Base / HIDDY

T9G

Touma

Usugrow

詳細についてはPhilip Gregory(07767 668400)までご連絡ください。

philip.gregory (at) lyonandturnbull (dot) com

日本語問合せにはDon Kratzerまでご連絡ください。

datadub (at) fig-lab (dot) com

公開期間

ベイダー・エキシビジョン:2010年6月12日(土)~20日(日)12:00pm~6:00pm

Freeman’s Los Angeles Auction Preview

6812 Melrose Ave, Los Angeles, C.A, U.S.A.

ベイダー・エキシビジョン:2010年6月25日(金)10:00am~5:00pm、2010年6月27日(日)2:00pm~5:00pm、2010年6月27日(月)10:00am~5:00pm

Lyon & Turnbull, 33 Broughton Place, Edinburgh, EH1 3RR U.K.

ベイダー・エキシビジョン:2010年7月5日(月)~9日(金)10:00am~6:00pm

ベイダー・オークション:2010年7月10日(土)12:00pm

Freeman’s of Philadelphia

Freeman’s, 1808 Chestnut Street, Philadelphia, P.A. U.S.A.


Yamazakura new sculpt


R0011641, originally uploaded by Baikin.

The gate guardians always comes in pairs, so it not surprise that the second figure from Yamazakura is coming up fast. The sculpt was shown at wonderfestival – pic by Baikin

Fig-lab presents the Millennial Monsters Series

Fig-lab presents the Millennial Monsters Series

Since the dawn of this new millennium an outstanding number of Japanese Character creators have emerged whose primary medium of expression is Japanese Vinyl. The Japanese vinyl figure has a 40 year legacy which attests to its integrity and durability as an artistic medium. In our on-demand fast turnaround post-modern world, the means of production have been made available to independent artists who can now create smaller runs than demanded by the tool and die mentality of the previous century. This further evidenced by the increasing number of creators worldwide who crossing over from the mass produced milieu of the factory back to the province of the craftsmen of Japan’s vinyl trade.

Millennial Monsters will be a series of exclusive releases from Fig-lab of recent original Japanese vinyl figures in a signature color way. Many of the figures chosen for the series have been sculpted and painted by the artists themselves. All are self-financed labors of love. The objective of the series to highlight some of these outstanding creators, producers and their endearing characters. In addition to the releases themselves, effort will be made to showcase the the backstories of the characters, a history of the figure and an insight to the creative process of each artist.

The first three releases from the series will be available in San Diego at the Onell Design/GFS2009 booth (#4937)

The name of the series is an unabashed homage to the book Millennial Monsters: Japanese Toys and the Global Imagination by Anne Allison, which is the most outstanding book I have ever read about post-war Japanese society and its relationship with the west through toys, characters and entertainment.